クリーンブースとは?

日本工業規格(JIS Z 8122)では、
“コンタミネーションコントロールが行われている限られた空間であって、空気中における浮遊微小粒子、浮遊微生物が限定されて清浄度レベル以下に管理され、また、その空間に供給される材料、薬品、水などについても要求される清浄度が保持され、必要に応じて温度、湿度、圧力などの環境条件についても管理が行われている空間”と定義されています。
つまり、空気中のチリやゴミ、細菌・ウィルスなどの浮遊物から、温度・湿度・気圧が厳しい水準でコントロールされている空間です。

クリーンブースとは・・・
チリ、ホコリを極力減らした空間で作業する際にクリーンルームは部屋全体を調整しなければならず、大がかりとなってしまうため、室内の限られたスペース内で欲しい大きさだけ局所的にクリーンな空間を得ることができる便利なブースです。

クリーンブース

クリーンブースの主な用途

ICR-工業製品の製造など

半導体集積回路、液晶パネル、プラズマパネル、マイクロマシンなどの製造工場においては必須となっています。これは集積回路の焼付け工程において、塵埃が隣接する回路との短絡、あるいは欠損を引き起こし不良が発生するため、清浄空間での作業が必要とされるからです。

【活用分野】
半導体、液晶、電子部品機器
製作、組立、研磨、計測、はんだ付け、印刷、光学実験

BCR-食品、医療、バイオテクノロジーなど

手術室、医薬品や化粧品の製造所(の一部)、滅菌医療機器の製造所や滅菌室など空中浮遊菌数と空気清浄度の5.0 µm 以上の粒子数はおよそ比例傾向(絶対評価ではない)にあることが多いため、クリーンブース等で空気中の浮遊微粒子数を制御する必要があります。

【活用分野】
食品加工,包装、化学実験、調剤、培養

クリーンブース以外の用途でも

ウィルス隔離、防塵などウィルスや粉塵が外部へ流出しないよう排気する場合に利用されます。
クリーンな空気が吹き出す通常のクリーンフィルターユニットではなく、排気口(吸い込み)を設置し、陰圧保持する必要があります。
外部と遮断した空間を作りたい場合はクリーンフィルターユニットをつけないアルミブースとしてご使用になれます。
排気口をつけてガス実験等にご使用できます。
黒色ビニールシートや暗幕をつければ暗室にもなります。

【活用分野】
実験小室、ウィルス拡散防止、現像

局所クリーンでコスト削減・省エネ

クリーンルームと違い、建設費用におけるコストダウンが可能です。空調・送風を清浄度に合わせて細かく設定できるので、省エネにもつながります。
室内の限られたスペースに設置が可能です。

ページの先頭へ戻る

クリーンブースのことなら何でもお気軽にお問い合わせ下さい。カタログ請求も受け付けております。

tal: 042-313-7610
fax: 042-313-7612
お問い合わせフォーム